スーパーロボット超合金 ジェネシックガオガイガー ヘルアンドヘブン発動Ver.【レビュー】

2015年9月に発売した『スーパーロボット超合金 ジェネシックガオガイガー ヘルアンドヘブン発動Ver.』のレビューです。

先日、中古品が未開封で発売当時の値段より安く売っているのを発見したので購入してみました。

スーパーロボット大戦シリーズ30周年となる今年に発売する『スーパーロボット大戦30』にも参戦する機体なので、ちょうどいいかなと。

プレミアムバンダイ限定商品で、新品での価格は13,200円(税込)になります。

ジェネシックガオガイガーは、テレビアニメ『勇者王ガオガイガー』の続編となる OVA『勇者王ガオガイガーFINAL』に登場するジェネシックメカノイドと呼ばれる人型のマシンで、主人公『獅子王凱(シシオウ ガイ)』が『ジェネシックギャレオン』というメカライオンとフュージョンし、5体の『ジェネシックマシン(ブロウクンガオー/プロテクトガオー/スパイラルガオー/ストレイトガオー/ガジェットガオー)』とファイナルフュージョンすることで誕生します。

こちらの商品は作中のクライマックスで見せた緑色に輝く姿を、メタリックカラーやクリアパーツで再現しています。

また、分離・合体が可能な機体ですが、本商品ではオミットされています。

それでは早速見ていきます!


まずはパッケージから。

正面は必殺技『ヘル・アンド・ヘブン』発動前のアクションポーズをとった製品画像が載っています。
裏面には機体の説明と、オプションを使ったアクションポーズをとった製品画像が載っています。

続いて本体以外の付属品を見ていきます。

背部のウイングや各種武装、交換用手首が付属しています。
別売りの魂STAGEを使用して飾るためのジョイントや、右手のパーツを取り外すための板、軟質素材の頭部角といった、ユーザーが色々と触れて遊ぶことを配慮した付属品があるのはありがたいですね。
  • 交換用手首 × 7 ※開き手首(左/右)、ポーズ用手首(右)、プロテクトシェード用手首(左)、ヘルアンドヘブン用開き手首 (左/右) 、ヘルアンドヘブン用組み手首
  • 頭部パーツ(A/B/C) × 各1
  • ガジェットフェザー × 1
  • 尻尾 × 1
  • 交換用角(軟質) × 1
  • ボルティングドライバー × 1
  • ウィルナイフ × 1
  • プロテクトシェードパーツ × 1
  • 交換用ドリル × 1
  • プロテクトボルト × 1
  • ブロウクンボルト × 1
  • ジェネシックボルト × 1
  • 魂STAGE用ジョイント × 1
  • パンチ取り外し板 × 1

続いて本体を見ていきます。

足の爪や膝のドリル、胸部のライオンや頭部の鬣(たてがみ)といった、男心をくすぐるデザインをしています。
若干腕が短い気もしますが、それでも十分かっこいいプロポーションだと思います。
肩や腰部スカートは、先端にいくほど透明になっています。
頭部の鬣は3パーツ構成となっており、ボールジョイントである程度可動させることができます。
バックパックを取り付けていない状態だと、脚部の大きさがひと際目立ちます。
左右で肩部、腕部、脚部のデザインが異なっています。
頭部はマスクが牙のようになっており、各部も刺々しいデザインとなっています。
胸部のライオンの顔は口の開閉が可能となっており、鬣は中央に押し込むことで腕部を前方に向ける際の干渉を減らすことができます。
『ブロウクンガオー』というサメ型のマシンが変形して、右側の肩、上腕部となります。
左側は『プロテクトガオー』というイルカ型のマシンが変形して、肩、上腕部になります。
脚部は右脚が『スパイラルガオー』、左脚が『ストレイトガオー』というモグラ型のマシンで、左右で雌型/雄型と異なっており、ドリルの形状などの違いがあります。
つま先側の爪は基部で回転と上下のスイング、かかと側の爪は上下のスイングが可能です。
また、側面のパーツは引き下げることが可能で、爪の可動と合わせて脚を開いた状態でも違和感なく接地させることができます。

続いて背部のガジェットフェザーを取り付けていきます。

実際には背部ウイング、頭部パーツ、前腕部の構成で『ガジェットガオー』という鳥類型のマシンとなりますが、これだけでもそれっぽく見えます。
背部に取り付けるとあまり見えない反対側も、スラスターなどしっかり造形されています。
背部に取り付けた際に尻尾のようになる部分は、各節がボールジョイントで接続されているので、柔軟に動かすことができます。
翼の先端を開くことで、連動して中に収納されているパーツも開き、眼のような模様が出てきます。
ガジェットフェザーを取り付けた状態。
やはり取り付けることで上半身と下半身のバランスが良くなりますね。
ガジェットガオーの頭部から首が、腰部から生えた尻尾のようになります。
ウイングの基部はスイングできるようになっており、肩アーマーの干渉を逃がすことができます。
ガジェットフェザーは大きなパーツですが、足が大きく一部ダイキャスト製で重さもあるので、問題なく自立できます。
ガジェットフェザーを展開することで、横幅が倍近くになります。
背面から見ると、より迫力が増して見えます。

最後に残りの武装とアクションポーズをいくつか。

ガジェットガオーの頭部が変形して、『ウィルナイフ』というナイフ状のツールになります。
ガジェットガオーの首の第2節,第3節が変形すると、『ボルティングドライバー』というツールになります。
ボルティングドライバーの先端には、効果の違う3種のボルトを装着することができます。
上から『ジェネシックボルト/プロテクトボルト/ブロウクンボルト』になります。
手首パーツが豊富なので、色々なポーズをとらせることができます。
左前腕部のパーツを差し替えることで、バリアを発生させる『プロテクトシェード』発動時を再現することができます。
股間部にジョイントを取り付けることで、別売りの魂STAGEを使用してディスプレイすることができます。
膝のドリルはパーツを付け替えることで、攻撃時の回転している状態を再現することもできます。
ちなみに右膝のドリルが『スパイラルドリル』、左膝が『ストレイトドリル』になります。
右前腕部のパーツを取り外すことで、『ブロウクンマグナム』発射状態を再現することができます。
取り外したパーツは接続穴があるので、魂STAGEを使用することで浮かせた状態でディスプレイすることもできます。
色々と動かしてみた感想としては、もう少し太ももを上げることができればいいなと思いました。
『ジェネシック・ヘル・アンド・ヘブン』や『ヘル・アンド・ヘブン・アンリミテッド』とも呼ばれる、ジェネシックガオガイガーのヘル・アンド・ヘブン用の手首パーツも付属しています。
『ヘル・アンド・ヘブン』発動時の両手を組んだ状態の手首パーツもあり、腕部の付け根には引き出し機構があるので、両腕を前に突き出すポーズも自然にとれます。

以上、『スーパーロボット超合金 ジェネシックガオガイガー ヘルアンドヘブン発動Ver.』のレビューでした!

分離・合体機構がありませんが、その分プロポーションや可動にこだわっているだけのことはあり、色々なアクションポーズをとらせるのが楽しかったです。

通常版は持っていたので購入するか迷いましたが、色味が違うだけでだいぶ印象が変わるなと思いました。

スーパーロボット超合金シリーズも全く新商品が発売されなくなってしまいましたが、スーパーロボット大戦シリーズのオリジナル主人公機とかどんどん出してくれないでしょうか・・・。