NARUTOギャルズDX NARUTO-ナルト- 疾風伝 日向ヒナタ Ver.3【レビュー】

2021年6月に発売した『NARUTOギャルズDX NARUTO-ナルト- 疾風伝 日向ヒナタ Ver.3』のレビューです。

当初は2021年3月に発送される予定でしたが、3ヶ月ほど延びたみたいです。

プレミアムバンダイなどの一部ショップ限定販売となっており、価格は24,200円(税込)となります。

日向ヒナタは、週刊少年ジャンプで連載していた漫画『NARUTO -ナルト-』に登場するキャラクターです。
特殊な『白眼』という瞳術を継承する名家『日向一族』のくノ一で、作品の主人公である『うずまきナルト』とは忍者アカデミーの同期であり、自身と似たような境遇でありながら前向きなナルトに想いを寄せています。

筆者は普段ロボット系以外のフィギュアを買うことはないのですが、一番好きな漫画の一番好きな女性キャラクターで、かつヒナタのフィギュアでは余り見ない凛々しい姿での立体化ということで思わず買ってしまいました(笑)

関連記事:レビュー『NARUTOギャルズDX NARUTO-ナルト- 疾風伝 春野サクラ Ver.3』

それでは早速見ていきたいと思います!


まずはパッケージから。

正面はこういったフィギュアの箱にありがちな中に入っているフィギュアが見える作りではなく、黒の背景に迫力のある製品画像が載っています。
裏面には様々な角度から撮影した製品画像が載っています。
側面には上半身アップと
反対の側面には全体像の製品画像が載っています。
上面には本製品のヒナタが放っている『柔歩双獅拳』が文字でプリントされています。
底面にもしっかりデザインがされていました。

続いてエフェクトを取り付ける前の姿を見ていきます。

パッケージには載っていませんが、『柔歩双獅拳』のエフェクトがない状態にすることもできます。
派手なエフェクトがないのでスッキリしています。
普段は大人しいヒナタの凛々しい表情。
少し分かりづらいですが、『百眼』を発動したときに浮き出る血管も造形されています。
長い黒髪がなびいている状態も細かく造形されています。
露出の少ない服装ですが、ヒナタのスタイルの良さが分かります。
中に着ている鎖帷子は、塗装ではなく網素材で再現されています。
忍具が収納されている右脚のホルスターも、しっかり造形されています。
台座となっている地面や土煙も、細かく塗装されています。

続いて『柔歩双獅拳』を放つシーンをイメージしたエフェクトを取り付けた状態を見ていきます。

エフェクトを取り付けることで、全高約35cmの大きさとなり一気に迫力が増します。
台座に取り付けたエフェクトにより、チャクラが巻き上がっているような派手な演出が再現されています。
獅子の頭もクリアパーツを使用することにより、チャクラで練られたものであるように見えるようになっています。
両腕のチャクラが、螺旋状に複雑に絡み合い燃え上がっているような造形になっています。
チャクラを練った勢いで周りの細かい岩や土煙が舞い上がっている様子が表現されています。

最後に色々な角度から撮影したものをいくつか。


以上、『NARUTOギャルズDX NARUTO-ナルト- 疾風伝 日向ヒナタ Ver.3』のレビューでした!

関連記事:レビュー『NARUTOギャルズDX NARUTO-ナルト- 疾風伝 春野サクラ Ver.3』