FW GUNDAM CONVERGE 10周年 ♯SELECTION 02【レビュー】

2022年6月13日に発売した『FW GUNDAM CONVERGE 10周年 ♯SELECTION 02』のレビューです。

一般販売で、価格は1個605円(税込)になります。

今回の商品は、『FW GUNDAM CONVERGE』の10周年を記念して、新規立体化投票と過去弾復刻投票で、上位に入った機体を収録した特別弾の第2弾となっています。

関連記事:レビュー『FW GUNDAM CONVERGE 10周年 ♯SELECTION 01』
関連記事:レビュー『FW GUNDAM CONVERGE 10周年 ♯SELECTION 03』

それでは早速見ていきたいと思います!

ガンダム試作1号機フルバーニアン

ガンダム試作1号機フルバーニアンは、OVA『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場するモビルスーツで、主人公である『コウ・ウラキ』が搭乗する『ガンダム試作1号機』が戦闘で大破してしまったことにより、宇宙戦用に改修された機体となります。

新規立体化投票では5位に選ばれており、デフォルメされたスタイルでもスタイリッシュなフォルムになっています。武装には『ビーム・ライフル』と『シールド』が付属しています。

アッガイ

アッガイは、テレビアニメ『機動戦士ガンダム』に登場する水陸両用モビルスーツで、ジオン公国軍の主力量産モビルスーツである『ザクⅡ』の部品を流用して開発された機体になります。
テレビアニメ劇中では、主なパイロットとして『アカハナ』が搭乗しています。

新規立体化投票では9位に選ばれており、特徴的な大きな頭部や、水陸両用モビルスーツ特有の独特なフォルムが忠実に再現されています。

交換用の手首が付属しており、差し替えでアイアンネイルの展開状態を再現できるようになっています。

ザクⅢ改

ザクⅢ改は、テレビアニメ『機動戦士ガンダムZZ』に登場するモビルスーツで、一年戦争時にジオン公国軍の主力量産モビルスーツとして活躍した『ザクⅡ』の後継機としてネオ・ジオンが開発した『ザクⅢ』の各部をオプションパーツに換装し、機体色を濃淡グレーから濃淡グリーンに変更した機体となります。
テレビアニメ劇中では、ネオ・ジオンに所属し、強化人間として調整を受けた『マシュマー・セロ』の乗機として登場しています。

新規立体化投票では4位に選ばれており、デフォルメされてもマッシブなスタイルがしっかり再現されています。手持ち武装として『ビーム・ライフル』が付属しています。

ザクⅢ改(サイコ・プレッシャーVer.)

ザクⅢ改(サイコ・プレッシャーVer.)は、テレビアニメ『機動戦士ガンダムZZ』の劇中でネオ・ジオン内で内乱が起こり、ネオ・ジオンの指導者である『ハマーン・カーン』から離反した『グレミー・トト』側に就いた『ラカン・ダカラン』率いる『スペース・ウルフ隊』と交戦した際に、『サイコ・フィールド』と呼ばれるエネルギーフィールドを発生させた状態を再現しています。

サイコ・フィールドを発生させた状態を表現するために、全身が光沢のある塗装に変更されており、武装は『ビーム・サーベル』となっています。

ガンダムヘビーアームズ改(EW版)(Revive Ver.)

ガンダムヘビーアームズ改(EW版)は、OVA『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』に登場するモビルスーツで、ガンダムパイロットの1人『トロワ・バートン』が搭乗する機体で、全身に重火器を搭載した重砲撃機となっています。
設定上はテレビアニメ版と同一の機体となっていますが、デザインや武装が変更されています。

過去弾復刻投票では2位に選ばれており、通常弾の『#06』でラインナップされていたものの復刻版となっています。武装は両腕に装備する『ダブルガトリングガン』が付属しています。

今回の特別弾には、通常弾にはなかったピエロのマスクを付けていない状態の頭部と、握りこぶしの手首が付属していました。

左が過去に発売した通常弾で、右が今回の特別弾となっています。分かりづらいですが、脚部のミサイルポッドやバックパックの色が変更されていました。

νガンダム(Revive Ver.)

νガンダムは、劇場アニメ『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場するニュータイプ専用試作モビルスーツで、主人公の『アムロ・レイ』自身が設計に携わっており、ネオ・ジオンから流出された『サイコ・フレーム』を組み込み完成した機体となっています。

過去弾復刻投票では5位に選ばれており、通常弾の『#01』でラインナップされていたものの復刻版となっています。武装は『ビーム・ライフル』、『シールド』、『ニュー・ハイパー・バズーカ』が付属しています。

さらに今回の特別弾には、通常弾にはなかった『ビーム・サーベル』が付属しており、手に持たせて装備させることができます。バックパックにマウントしているニュー・ハイパー・バズーカも、もちろん持たせることができます。

左が過去に発売した通常弾で右が今回の特別弾となっています。通常弾はクリーム色に近い白色ですが、特別弾は明るい白色になっていました。


以上、『FW GUNDAM CONVERGE 10周年 ♯SELECTION 02』のレビューでした!

関連記事:レビュー『FW GUNDAM CONVERGE 10周年 ♯SELECTION 01』
関連記事:レビュー『FW GUNDAM CONVERGE 10周年 ♯SELECTION 03』