FW GUNDAM CONVERGE 10周年 ♯SELECTION 03【レビュー】

2022年12月26日に発売した『FW GUNDAM CONVERGE 10周年 ♯SELECTION 03』のレビューです。

一般販売で、価格は1個693円(税込)になります。

今回の商品は、『FW GUNDAM CONVERGE』の10周年を記念して、新規立体化投票と過去弾復刻投票で、上位に入った機体を収録した特別弾の第3弾となっています。

関連記事:レビュー『FW GUNDAM CONVERGE 10周年 ♯SELECTION 01』
関連記事:レビュー『FW GUNDAM CONVERGE 10周年 ♯SELECTION 02』

それでは早速見ていきたいと思います!

ELSクアンタ

ELSクアンタは、劇場アニメ『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』にて主人公『刹那・F・セイエイ』が搭乗する『ダブルオークアンタ』が、作中後半で『クアンタムバースト』を発動して排除された装甲が、ELSによって再構築された姿としてエピローグに登場しました。

新規立体化投票では6位に選ばれており、全身が光沢のある塗装となっており、背面の発光する翼のようなパーツはグラデーションのかかったクリアパーツとなっており、ELSと融合した有機的なデザインが再現されています。

メタス

メタスは、テレビアニメ『機動戦士Zガンダム』に登場するモビルスーツで、可変MS開発計画である『Z計画』にて開発された初の可変モビルスーツでとなっています。
パイロットは主に『レコア・ロンド』が搭乗していましたが、エゥーゴを離脱してからは主人公『カミーユ・ビダン』の幼馴染である『ファ・ユイリィ』が搭乗しました。

新規立体化投票では2位に選ばれており、バックアップも相まって本弾の中では一番ボリュームのある商品となっています。武装には『アーム・ビームガン』が付属しています。

手首を差し替えて前腕部にパーツを取り付けることで、アーム・ビームガンの格納状態を再現することができます。

ベルガ・ギロス

ベルガ・ギロスは、劇場アニメ『機動戦士ガンダムF91』に登場するモビルスーツで、軍事組織『クロスボーン・バンガード』にて『ベルが・ダラス』をベースに指揮官機として開発されています。

新規立体化投票では7位に選ばれており、騎士の甲冑のようなデザインがしっかりと再現されています。武装には『ショット・ランサー』が付属しています。

ベルガ・ギロス(ブラック・バンガード機)

ベルガ・ギロス(ブラック・バンガード機)は、劇場アニメ『機動戦士ガンダムF91』に登場するモビルスーツで、『クロスボーン・バンガード』の精鋭部隊『黒の戦隊(ブラック・バンガード)』独自のカラーリングとなっています。
作中では主に『ザビーネ・シャル』の専用機として登場しています。

こちらは通常機のカラバリ商品となっており造形や付属品に違いはありませんが、黒をメインに各部の紫が光沢のある塗装となっています。

ザクII(Revive Ver.)

ザクIIは、テレビアニメ『機動戦士ガンダム』に登場するジオン公国軍の主力量産型モビルスーツで、一年戦争中に最も多く生産された機体となっています。

過去弾復刻投票では堂々の1位に選ばれており、通常弾の『#09』でラインナップされていたものの復刻版となっています。本商品はテレビアニメのデザインに近く、全身のモールドは少なめになっています。

武装として『ザク・マシンガン』の他に、以前の商品にはなかった『ヒートホーク』や『ザク・バズーカ』が付属しており、手首ごと差し替えて装備することができます。

Hi-νガンダム(Revive Ver.)

Hi-νガンダムは、小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』に登場するニュータイプ専用試作モビルスーツで、主人公の『アムロ・レイ』が敵機のサイコ・ドーガを捕獲して入手した『サイコフレーム』を組み込み完成した機体となっています。

過去弾復刻投票では6位に選ばれており、通常弾の『#05』でラインナップされていたものの復刻版となっています。シールドにはアムロのパーソナルマークがプリントされています。

武装として『ビームライフル』や『シールド』の他に、以前の商品にはなかった『ニューハイパーバズーカ』が付属しており、手首ごと差し替えて装備することができます。

ガンダム・エアリアル

ガンダム・エアリアルは、テレビアニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』に登場するモビルスーツで、特殊インターフェース『GUNDフォーマット』を搭載しており、主人公の『スレッタ・マーキュリー』が搭乗することで、従来のモビルスーツと比較して一線を画した性能を発揮します。

武装として『ビームライフル』や『エスカッシャン』が付属しており、全身にある『シェルユニット』の一部は、クリアパーツで再現されています。

エスカッシャンは、分離して各部に装着することで『ビットオンフォーム』も再現できるようになっています。


以上、『FW GUNDAM CONVERGE 10周年 ♯SELECTION 02』のレビューでした!

関連記事:レビュー『FW GUNDAM CONVERGE 10周年 ♯SELECTION 01』
関連記事:レビュー『FW GUNDAM CONVERGE 10周年 ♯SELECTION 02』