FW GUNDAM CONVERGE SB アーガマ級強襲用宇宙巡洋艦1番艦 アーガマ【レビュー】

2022年7月に発売した『FW GUNDAM CONVERGE SB アーガマ級強襲用宇宙巡洋艦1番艦 アーガマ』のレビューです。

プレミアムバンダイ限定商品で、価格は4,950円(税込)になります。

アーガマは、テレビアニメ『機動戦士Zガンダム』や『機動戦士ZZガンダム』に登場した宇宙戦艦で、反地球連邦政府組織『エゥーゴ』によって、『機動戦士ガンダム』に登場した『ホワイトベース』を参考に建造され、劇中では主人公サイドの母艦となっています。

初代艦長は『ヘンケン・ベッケナー』、2代目は『ブライト・ノア』が務めています。

『FW GUNDAM CONVERGE SB』は新たにスタートしたシリーズで、ガンダム作品に出てくる戦艦をラインナップしていくとのことで、今回はその第二弾となります。
ちなみに、商品名のSBは『宇宙戦艦:Space Battleship』の略だそうです。

関連記事:レビュー『FW GUNDAM CONVERGE SB ペガサス級強襲揚陸艦2番艦 ホワイトベース』

それでは早速見ていきたいと思います!


まずはパッケージから。

プレバンでよくある白黒の箱となっており、正面は製品のデジラマ画像が載っています。
裏面には艦体の諸元や説明が載っています。

それでは組み立てた本体を見ていきます。

全体が ABS(硬質素材)製となっているので、艦橋にある小さなアンテナや主砲など、変に曲がってしまうようなことはありません。
色分けも、ほぼ設定どおりに再現されています。
付属の台座を使用しなくても、接地は安定していました。
全体に細かくモールドが施されているので、墨入れをしてあげるとよりリアルになると思います。

本体を組み立てた上で残ったパーツはこちらになります。

専用の台座と、各ギミックを再現するパーツになります。

続いて各部やギミックを見ていきます。

モビルスーツが発進する際に使用するステップなど、細かい部分まで作りこまれています。
艦首に2基あるカタパルトにも、細かくモールドが施されています。
エンジンブロックのスラスターやフィンなど、精密に再現されています。
艦底にあるスラスターの内部まで、しっかり色分けされています。
メガ粒子砲の展開を再現する場合は、格納扉のパーツを取り外します。
そこにメガ粒子砲の展開状態パーツを取り付けることで、格納扉が解放されている状態を再現できます。
艦橋部は伸縮ギミックがあり、劇中の住居ブロック回転時と同様に、艦橋を上方に伸ばした状態にすることができます。
延長アームの差し替えパーツを使用することによって、居住ブロックの回転時を再現することができます。

続いて台座を使用してディスプレイして見てみます。

本体に台座との接続穴などはなく、台座の形状に合わせて本体を置くだけです。
ここは前回のホワイトベースと変わらずで、できればしっかりと固定する作りにしてほしいです。
居住ブロックのアームを延伸した状態でのディスプレイも可能となっています。

以上、『FW GUNDAM CONVERGE SB アーガマ級強襲用宇宙巡洋艦1番艦 アーガマ』のレビューでした!

関連記事:レビュー『FW GUNDAM CONVERGE SB ペガサス級強襲揚陸艦2番艦 ホワイトベース』