FW GUNDAM CONVERGE SB ペガサス級強襲揚陸艦2番艦 ホワイトベース【レビュー】

2021年8月に発売した『FW GUNDAM CONVERGE SB ペガサス級強襲揚陸艦2番艦 ホワイトベース』のレビューです。

プレミアムバンダイ限定商品で、価格は4,950円(税込)になります。

ホワイトベースは、テレビアニメ『機動戦士ガンダム』に登場した宇宙戦艦で、主人公の『アムロ・レイ』が搭乗する『ガンダム』などのRX計画で製造されたモビルスーツを搭載を前提としているそうです。

艦籍番号は『SCV-70』で、艦長は『ブライト・ノア』が務めています。

『FW GUNDAM CONVERGE SB』は新たにスタートしたシリーズで、ガンダム作品に出てくる戦艦をラインナップしていくとのことで、今回はその第一弾となります。
ちなみに、商品名のSBは『宇宙戦艦:Space Battleship』の略だそうです。

関連記事:レビュー『FW GUNDAM CONVERGE SB アーガマ級強襲用宇宙巡洋艦1番艦 アーガマ』

それでは早速見ていきたいと思います!


まずはパッケージから。

プレバンでよくある白黒の箱となっており、正面は製品のデジラマ画像が載っています。
裏面には艦体の諸元や説明が載っています。

今回は新シリーズということで、組み立て前の箱の中身も見ていきたいと思います。

胴体部分はある程度出来上がった状態ですが、組み立て要素は多めでした。
※写真には収め忘れましたが、もちろん食玩なのでガムが1個入っています。

それでは組み立てた本体を見ていきます。

今までのシリーズと違い、全体が ABS(硬質素材)製となっているので、艦橋にある小さなアンテナや、本体中央から左右に伸びているウイングなど、変に曲がることもなくシャープな作りになっています。
後方左右のメインエンジンにある小さな4つのノズルの内側も、しっかり色分けされています。
また、見えづらいですが後部デッキ上には、艦籍番号がモールドされていました。
側面にある円状のメガ粒子砲が格納されているパーツにも、艦籍番号や地球連邦軍の略称がモールドされています。
全体にしっかりとモールドが施されているので、墨入れをしてあげるとよりリアルになると思います。

本体を組み立てた上で残ったパーツはこちらになります。

専用の台座と、各ギミックを再現するパーツになります。

続いて各ギミックを見ていきます。

中央デッキの上部ですが
天面のパーツを差し替えることで、『大口径連装実体弾砲』を展開状態にすることができ
天面の下のパーツを差し替えることで、『連装機関砲』を展開した状態にすることもできます。
さらに両方の武装を展開した状態にすることもできます。
機関砲は小さいですが、しっかり造形されています。
側面の円状の装甲は
差し替えで装甲を上下に開くことができ、そこにパーツを差し込むことで『連装偏向型メガ粒子砲』展開状態にすることができます。
カタパルトデッキは前方のハッチが展開可能で
側面のパーツも取り外すことも可能です。
内側もきちんと造形されています。
モビルスーツハンガーは、上部に折りたたまれている状態と展開している状態が再現されています。
レール部分にはステップを取り付けることが可能です。

続いて台座を使用してディスプレイしてみます。

本体に台座との接続穴などはなく、台座の形状に合わせて本体を置くだけです。
本体を動かすとすぐに台座からずれてしまうので、しっかりと固定する作りにしてほしかったです。
武装を全て展開した状態です。
中央デッキ上部の主砲や本体側面のメガ粒子砲の砲身は、かなり細いので破損注意です。

最後に通常の CONVERGE と比較してみます。

通常シリーズのガンダムとの比較になります。
過去に発売されたものと違い、大きさ的に中に格納することはできません。

以上、『FW GUNDAM CONVERGE SB ペガサス級強襲揚陸艦2番艦 ホワイトベース』のレビューでした!

関連記事:レビュー『FW GUNDAM CONVERGE SB アーガマ級強襲用宇宙巡洋艦1番艦 アーガマ』