FW GUNDAM CONVERGE :CORE ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ(デストロイモード)【レビュー】

2022年3月に発売した『FW GUNDAM CONVERGE :CORE ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ(デストロイモード)』のレビューです。

プレミアムバンダイ限定商品で、価格は3,850円(税込)になります。

『FW GUNDAM CONVERGE :CORE』は通常の『FW GUNDAM CONVERGE #』シリーズよりもモビルスーツが持つ"世界観"を掘り下げ、その意図やカラー、マーキングなどにこだわった特別弾となっており、今回は『機動戦士ガンダムUC Blu-ray BOX Complete Edition』初回限定生産版の特典として、RGのガンプラとして付属すると公表されたのが初出となる『ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ』が、デストロイモードの状態で商品化されました。

ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティは、各種増加サイコフレーム兵装を装備した『フルアーマー・ユニコーンガンダム・プランB』のバックパックにマウントされている『アームド・アーマーDE』を、『機動戦士ガンダムNT』に登場するフェネクスと同型にした機体となります。

それでは早速見ていきたいと思います!


まずはパッケージから。

プレバンでよくある白黒の箱となっており、正面には接地状態の製品画像が、裏面には浮遊状態の製品画像が載っており、通常弾などのパッケージに記載されている機体説明はありませんでした。


続いて中の商品を見ていきます。

基本的には過去弾で発売した『フルアーマー・ユニコーンガンダム(デストロイモード)』、『ユニコーンガンダム2号機 バンシィ(デストロイモード)』、『ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(デストロイモード)(ナラティブver.)』の各商品の各部を組み合わせたものとなっていますが、ペルフェクティビリティとするにあたって、一部新規で造形されています。

FW GUNDAM CONVERGE: CORE ということで、両肩アーマーやアームド・アーマーDEには、機体名や型式番号、ビスト財団所属機を表すエンブレムのマーキングが施されています。

発光する内部のサイコフレームの色は、メタリックブルーの塗装で再現されています。

右前腕部の『アームド・アーマーBS』は、砲身を展開してビーム発射時の状態にすることもできます。

迫力のある『ハイパー・ビーム・ジャベリン』以外に、『ビーム・マグナム』や新規造形の『ビーム・サーベル』も付属しており、好きな武装を装備させることができます。

ハイパー・ビーム・ジャベリンやビーム・サーベルの刀身は、ブルーのクリアパーツとなっています。

足首パーツを差し替え、専用の台座を使用することで、空中浮遊状態でのディスプレイも可能です。

専用の台座はエンブレムをあしらったものとなっています。

最後に、過去に発売したユニコーンの各機体と並べて撮影してみました。


以上、『FW GUNDAM CONVERGE :CORE ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ(デストロイモード)』のレビューでした!