METAL ROBOT魂 [SIDE MS] フォースインパルスガンダム【レビュー】

2021年5月22日に発売した『METAL ROBOT魂 [SIDE MS] フォースインパルスガンダム』のレビューです。

一般販売で、価格は14,300円(税込)になります。

フォースインパルスガンダムはテレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場するモビルスーツで、劇中前半では主人公の『シン・アスカ』、後半ではヒロインの『ルナマリア・ホーク』が搭乗する機体です。

型式番号は『ZGMF-X56S/α』、素体のインパルスガンダムに『フォースシルエット』という高機動戦闘用のバックパックを装備した形態となります。

戦闘機の『コアスプレンダー』、上半身を構成する『チェストフライヤー』、下半身を構成する『レッグフライヤー』への分離・合体機構がありますが、本製品では再現されていません。また、『フォースシルエット』などの『シルエットシステム』を牽引する無人機『シルエットフライヤー』の付属もなしとなります。

それでは早速見ていきたいと思います!


まずはパッケージから。

正面は METAL ROBOT魂 の箱らしいメタリックの文字色に、ビームライフルを構えた製品画像が載っています。
裏面は機体説明、ギミック&オプション、ダイキャスト製パーツ&塗装についての説明が記載されています。

続いて本体以外の付属品を見ていきます。

各種武装に交換用手首、その他にフリーダムガンダムとの死闘で使用していたソードシルエットの対艦刀とエフェクトが付属しています。
専用の台座にはブランド名と機体名、形式番号が塗装されています。
  • 交換用手首 × 6 ※平手(左右)、ライフル用持ち手(左右)、サーベル用持ち手(左右)
  • フォースシルエット × 1
  • ビームサーベル柄 × 2
  • ビームサーベル刃 × 2
  • フォールディングレイザー対装甲ナイフ × 2
  • 高エネルギービームライフル × 1
  • 機動防盾 × 1
  • レーザー対艦刀(フリーダムガンダム撃墜Ver.(前/後)) × 各1
  • 撃墜エフェクト(前/後) × 各1
  • 撃墜エフェクト × 1
  • ディスプレイ用ジョイント × 1
  • 支柱(大/小) × 各1
  • 台座 × 1

続いて本体。まずはフォースシルエットを外した状態から。

小顔でスタイルがよく塗装も綺麗です。
ただ、筆者のものは所々合わせ目が目立ちます・・・。
肩のマーキングは正面と左右逆になります。
腕部にはシールドを取り付けるための接続穴があります。
右腕にもシールドの接続穴があるので、両腕どちらでもシールドを取り付けることが可能です。
フェイスマスクやサイドのダクトまで細かく色分けされています。
アンテナもシャープです。
右肩には組織名であるザフトのマーキング、小さいですが正式名称まで塗装されています。
左肩には機体の形式番号のマーキングと、小さいですが機体名もプリントされています。
胸部中央上部にもザフトのマーキングが施されており、『MMI-GAU25A 20mmCIWS』の砲口もしっかり再現されています。
左側のフロントスカートには機体の形式番号のマーキングがプリントされています。
右足の膝部にも機体の形式番号のマーキングがプリントされています。右足の合わせ目も目立っていました…。

続いてフォースシルエットを装備していきます。

各部には機体名などのマーキングがプリントされています。
上部の翼は回転とスイングが可能で、下部のスラスターはボールジョイントで自由に可動させることができます。
フォースシルエットは軽くできていますが、大きさがあるので直立状態での自立は難しかったです。
ウイングやスラスターが大きいので、一気に迫力が増します。
フォースシルエット下部のスラスターを接地すれば、安定して自立できます。多少前傾姿勢にすれば接地していなくても自立可能です。
個体差があるのかもしれませんが、私のものはビームサーベルを差し込むのに結構力が必要で、折れるのではないかと不安になりました・・・。

更に武装を取り付けていきます。

『MA-BAR72 高エネルギービームライフル』
スコープはスイングさせることができます。
『MMI-RG59V 機動防盾』
設定では上下のパーツが開閉しますが、本製品では開いた状態での固定となります。
グリップはボールジョイントで可動するのと、取り付け位置を上部に変更することもできます。
機動防盾はグリップを取り外し、接続パーツのみでのマウントでも簡単に外れることはありません。
派手なポーズをとるときなど、グリップがないほうが機動防盾の角度を自由に変えられます。
高エネルギービームライフルは専用の手首があるので、しっかりと保持させることができます。
また、専用の手首は左右あるので、どちらでも保持させることができます。

最後に残りの武装とポーズをいくつか。

『MA-M941 ヴァジュラビームサーベル』
刃はクリアパーツ。
小さいですが、柄には武装の形式番号がプリントされています。
『M71-AAK フォールディングレイザー対装甲ナイフ』
設定では折りたたみ可能で普段は腰部に収納されていますが、本製品では展開した状態の固定となり、腰部への収納ギミックはありません。
『MMI-710 エクスカリバー レーザー対艦刀』
実際はフォースシルエットではなくソードシルエットの武装。
先端に行くにつれて幅が広くなっており、ビームエフェクトも含めて迫力がある造形になっています。
股間部にジョイントを取り付けることで、専用の台座や別売りの魂STAGEを使用してディスプレイすることができます。
開き手首があり肘もよく曲がるので、サーベルを抜刀する直前のポーズも問題なくとれます。
シンプルなデザインで全身が良く可動するので、ストレスなく動かして遊ぶことができます。
腕部の付け根には引き出し機構ことがあるので、対艦刀の両手持ちも楽にできます。
ナイフの2刀流も、もちろん可能です。
欲を言えばサイドスカートに収納するギミックも欲しかったですね。
別売りのフリーダムガンダムと組み合わせることで、対艦刀で貫いたシーンを再現することができます。
エフェクトはフリーダムガンダムに取り付けるのではなく、ジョイントに取り付けてエフェクトの間にフリーダムガンダムを配置するので、微妙なスペースができてしまいます。
見る角度によっては、エフェクトを取り付けるジョイントやフリーダムガンダム本体とのスペースも目立たず、違和感がなくなります。

以上、『METAL ROBOT魂 [SIDE MS] フォースインパルスガンダム』のレビューでした!

前作の序盤~中盤の主人公機であるストライクガンダムが METAL ROBOT魂で発売されていないのに、インパルスガンダムが発売されると知ったときはびっくりしましたが、ソードシルエットの対艦刀まで付属していて購入して満足の出来栄えでした。

せっかくなので、いずれはソードインパルスとブラストインパルスも発売してほしいです!

関連記事:レビュー『METAL ROBOT魂 [SIDE MS] フリーダムガンダム』