METAL ROBOT魂 [SIDE MS] フリーダムガンダム【レビュー】

2021年1月に発売した『METAL ROBOT魂 [SIDE MS] フリーダムガンダム』のレビューです。

筆者は2次受注で予約していたので、2021年6月に届きました。

プレミアムバンダイ限定商品で、価格は14,300円(税込)になります。

フリーダムガンダムはテレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED』および『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場するモビルスーツで、主人公の『キラ・ヤマト』が『機動戦士ガンダムSEED』では劇中後半から、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』では中盤まで搭乗する機体です。

型式番号は『ZGMF-X10A』、核エンジンを搭載しているため稼働時間はほぼ無制限となり武装の高出力化を実現、高威力のビーム兵器と実弾兵器を内蔵しています。

それでは早速見ていきたいと思います!


まずはパッケージから。

正面は METAL ROBOT魂の箱らしいメタリックの文字色に、アクションポーズを決めた製品画像が載っています。
裏面は機体説明、ギミック&オプション、ダイキャスト製金属パーツ&塗装についての説明が記載されています。

続いて本体以外の付属品を見ていきます。

背部のウイングや武装一式、豊富な交換用手首が付属しています。
台座にはブランド名と機体名、形式番号が塗装されています。
  • 交換用手首 × 6 ※開き手首(左/右)、武器用手首(左/右2種)
  • ウイング × 1
  • ビームサーベル用柄 × 2
  • ビームサーベル刃 × 2
  • 両刀ビームサーベル用柄 × 1
  • シールド × 1
  • シールドジョイント × 1
  • ビームライフル × 1
  • ディスプレイ用ジョイント × 1
  • 支柱(大/小) × 各1
  • 台座 × 1

続いて本体。背部のウイングを外した状態から見ていきます。

腕や足が細く腹部が長いので、スマートな印象を受けます。
また、機体各所にマーキングが施されています。
両腕部にはシールドを取り付けるための接続穴があります。
肩部や脚部など、HGでは白一色の部分が、METAL ROBOT魂では独自の色分けになっています。
サイドスカートにはレールガンがあるため、腰部はボリュームがあります。
確度的に見えづらいですが、『MMI-GAU2 ピクウス76mm近接防御機関砲』の砲口もしっかりと塗分けられています。
右肩アーマーには、母艦であるエターナルの所属機を表すマーキングがプリントされています。
左肩アーマーには、機体名と形式番号がプリントされています。
腹部が細く長いので、スタイルが良く見えます。
フロントスカートには型式番号の10号機を表す「DIECI」(イタリア語)がプリントされています。
リアスカートにはライフルを取り付けるための接続穴があります。
右膝には型式番号がプリントされています。
脹脛裏のスラスターのカバーは開閉が可能となっています。
カバーを開くことで、中のスラスターがスライドして出てきます。

続いて背部のウイングを取り付けていきます。

ウイングは武装が内蔵されておりギミックも多いので、ボリュームがあります。
ウイングは上下に大きく開くことができます。
また、付け根は回転やスイングをさせることができるので、自由に確度をつけることができます。
見えづらいですが、裏面には機体名や形式番号などがプリントされています。
ウイングは上下に展開していない状態でも、左右に開いて表情をつけることができます。
スレンダーな本体に大きなウイングを装備するので、一気にボリュームが出ます。
背面からだとより迫力が増して見えます。
ウイングは横からだと分厚さが目立ちますね。
ギミックの都合上、ウイングは結構な重さがあるので、本体の重心を少し前にしないと自立は難しいです。

さらに武装を取り付けていきます。

『MA-M20 ルプスビームライフル』
小さいですがマーキングがプリントされており、フォアグリップはスイング可能です。
『ラミネートアンチビームシールド』
ビームライフルの銃口を挿入するためのガンポートも、しっかり開口されています。
腕部との接続ジョイントはボールジョイントで可動します。
グリップは取り外し可能で、取り付け位置も変えることができます。
『MA-M01 ラケルタビームサーベル』
柄には小さいですがマーキングがプリントされており、刃はクリアパーツになっています。
『アンビデクストラス・ハルバード』形態
2本の柄を連結するのではなく、連結状態は専用の柄が付属しています。
シールドはグリップを外し接続ジョイントのみでも簡単に外れることはないです。
また、ジョイントを外してのみで保持させることもできます。
サーベルは柄に接続穴があるので、それをサイドスカートの取り付け箇所に挟み込みつつ穴を合わせて取り付けます。
ただ、色々本体を動かしていると結構外れてしまうことが多かったです。

最後に残りの武装とアクションポーズをいくつか。

『M100 バラエーナプラズマ収束ビーム砲』
METAL BUILDや最新の MG にあるような派手な展開ギミックはなく、シンプルな作りになっています。
付け根はスイングさせることができるので、ウイングを開いた状態でも砲口を前方に向けることができます。
『MMI-M15 クスィフィアスレール砲』
収納時はピンで接続しているので、簡単に展開してしまうようなことはありません。
グリップを展開させることで、手で保持させることができます。
脚部は大きく開くことができるので、派手なアクションポーズも取りやすいです。
腕部の付け根には引き出し機構があるので、ライフルの両手持ちも楽にできます。
シールドのガンポートを使って、防御しながらライフルで狙うといったポーズもできます。
全身が良く動き、膝は180度近く曲げることができます。
アンビデクストラス・ハルバード形態は結構な長さになるので、飾るにはそれなりの場所が必要になります。
バラエーナプラズマ収束ビーム砲は、ウイングの基部を上に上げることによって頭部に干渉することなく前方に向けることができます。
クスィフィアスレール砲を両手で構えるポーズも自然にできます。
『ハイマット・フルバースト』
フリーダムといえばこのポーズですね。

以上、『METAL ROBOT魂 [SIDE MS] フリーダムガンダム』のレビューでした!

設定の機構はほぼ再現されており、本体各部の可動範囲も広くウイングも可動箇所がいくつもあって細かく表情がつけられるので、アクションポーズを取らせていて楽しかったです。

筆者的には特に不満点はない商品でした。

今年の10月には兄弟機のジャスティスも発売されるので、購入したら並べて撮影してみたいですね。

※『METAL ROBOT魂 [SIDE MS] フォースインパルスガンダム』の対艦刀とエフェクトを使用した対決シーンの画像をUPしました!

関連記事:レビュー『METAL ROBOT魂 [SIDE MS] フォースインパルスガンダム』
関連記事:レビュー『METAL ROBOT魂 [SIDE MS] ジャスティスガンダム』