METAL ROBOT魂 [SIDE MS] Hi-νガンダム専用ハイパー・メガ・バズーカ・ランチャー【レビュー】

Hi-νガンダムの発売に合わせて2019年11月に発売した『METAL ROBOT魂 [SIDE MS] Hi-νガンダム専用ハイパー・メガ・バズーカ・ランチャー』のレビューです。

こちらもHi-νガンダムと同じく発売当時に購入していたのですが、未開封のまま保管していたものになります。

プレミアムバンダイ限定商品で、価格は7,700円(税込)になります。

ハイパー・メガ・バズーカ・ランチャーは、小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』で主人公の『アムロ・レイ』が登場する『Hi-νガンダム』が使用する武装で、発射には莫大なエネルギーを必要とするため、母艦である『ラー・カイラム』からケーブルでエネルギーの供給を受けて運用します。

こちらの商品は、2019年10月に発売した『METAL ROBOT魂 [SIDE MS] Hi-νガンダム ~ベルトーチカ・チルドレン~』に合わせて発売され、ハイパー・メガ・バズーカ・ランチャーの他に、専用の台座やフィン・ファンネルの射出状態を再現できるジョイントなどが付属されています。

関連記事:レビュー『METAL ROBOT魂 [SIDE MS] Hi-νガンダム ~ベルトーチカ・チルドレン~』

それでは早速見ていきたいと思います!


まずはパッケージから。

正面は METAL ROBOT魂 の箱らしいメタリックの文字色に、フィン・ファンネルを展開し、ハイパー・メガ・バズーカ・ランチャーを構えた製品画像が載っています。
裏面は商品画像と、ハイパー・メガ・バズーカ・ランチャーやオプションの説明が記載されています。

続いてハイパー・メガ・バズーカ・ランチャー以外の付属品を見ていきます。

フィン・ファンネル射出状態を再現するための各種パーツや、ハイパー・メガ・バズーカ・ランチャーを支えるための支柱などが付属しています。
専用の台座も付属しており、アムロのパーソナルマークなどがプリントされています。
  • エネルギーチューブ × 1
  • 可動支柱 × 1
  • クリップ × 1
  • 台座用ジョイント × 1
  • 支柱(大/小) × 各1
  • 台座 × 1
  • ファンネルエフェクト × 6
  • ファンネルジョイント × 1
  • ファンネル装着用ジョイント × 6
  • ファンネル支柱(長/短) × 6 ※長:4、短:2

続いてハイパー・メガ・バズーカ・ランチャー本体を見ていきます。

『ハイパー・メガ・バズーカ・ランチャー』
全長は31cmにもなり、パッケージの製品画像を見てもわかる通り、Hi-νガンダムと比較してものすごい大きさです。
片側にはアムロのパーソナルマークや、地球連邦宇宙軍の略称がプリントされています。
フォアグリップは展開と前後へのスライドが可能です。
グリップは多少ですが内側にスイング可能となっています。
カートリッジは取り外すことができます。

続いてフィン・ファンネルを展開してディスプレイするための付属品を見ていきます。

ビームエフェクトは上下に突起があり、それをフィン・ファンネルの差込口に合わせて上下からフィンを挟み込むようにして取り付けます。
ファンネルジョイントはバックパック下部に差し込んで取り付けます。
ジョイントとファンネル支柱の接続箇所はかなりきつく、最後まで差し込もうとすると支柱が折れそうでした。
フィン・ファンネル側は、スラスターの位置に専用のジョイントを取り付けて支柱と接続します。
こちらも支柱との接続箇所はかなりきつく、一度はめ込んでしまうと外せなくなりそうです。

最後にアクションポーズをいくつか。

フィン・ファンネルの射出状態。
ビームエフェクトもあるので、よりリアルになります。
ハイパー・メガ・バズーカ・ランチャーは大きくて重さもあるので、ディスプレイする場合は支柱を使って保持したほうが安定します。
グリップはスイングができ、フォアグリップも位置の調節が可能なので、両手持ちもさせやすかったです。
さすがにこの状態でディスプレイするのは場所の確保が大変です。

以上、『METAL ROBOT魂 [SIDE MS] Hi-νガンダム専用ハイパー・メガ・バズーカ・ランチャー』のレビューでした!

ハイパー・メガ・バズーカ・ランチャーはとてつもない長さなので、筆者の撮影ブースではアングルの都合上、サイドからの撮影は全長が収まりませんでした・・・。
大きな武装ですが、グリップ位置を細かく調整をすることができるので、アクションポーズも取りやすかったです。

フィン・ファンネルは展開した状態でしっかりと固定できますが、個体差があるのかもしれませんが、筆者のものは一度差し込んだら取れなくなりそうなくらい接続箇所が固いです。

今はスペースがないので無理ですが、いずれはナイチンゲールと一緒に飾りたいです!

関連記事:レビュー『METAL ROBOT魂 [SIDE MS] Hi-νガンダム ~ベルトーチカ・チルドレン~』
関連記事:レビュー『ROBOT魂 [SIDE MS] ナイチンゲール(重塗装仕様)』