ROBOT魂 [SIDE MS] ナイチンゲール(重塗装仕様)【レビュー】

2019年2月に発売した『ROBOT魂 [SIDE MS] ナイチンゲール(重塗装仕様)』のレビューです。

発売当時に購入していたのですが、未開封のまま保管していたものになります。

つい先日 HG のナイチンゲールが発売されたので、せっかくなので開封してみました。

プレミアムバンダイ限定商品で、価格は24,200円(税込)になります。

ナイチンゲール は、小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』に登場するニュータイプ専用モビルスーツで、主人公『アムロ・レイ』のライバルである『シャア・アズナブル』専用機となっています。

型式番号は『MSN-04II』、モビルスーツでありながらモビルアーマー並みの巨躯を誇り、数々の武装と無線式のオールレンジ兵器である『ファンネル』を装備しています。

こちらの商品は『重塗装仕様』となっており、外装は艶味のない赤で塗装されているため重厚感のある仕上がりとなっています。

それでは早速見ていきたいと思います!


まずはパッケージから。

正面には武装した立ち姿の製品画像が載っています。
箱は高さも奥行きもあり、標準的な ROBOT魂の箱と比べてかなりの大きさです。
裏面にはギミックや塗装などの説明と、アクションポーズを決めた台座にディスプレイされた状態の製品画像が載っています。
上面にはライフルを構えた製品のモノクロ画像が載っています。
下面には隠し腕を展開し、フル武装した製品画像が載っていました。

続いて本体以外の付属品を見ていきます。

背部にマウントするプロペラント・タンクや各種武装、交換用手首パーツなどが付属しています。
専用の台座や各部を補助するための支柱もついています。
  • 交換用手首 × 7 ※開き手首 (左/右) 、武器用手首(左/右2種、ライフル用1種)
  • 背部タンク × 3
  • ファンネルパーツ × 10
  • ビーム・サーベル × 4
  • ビーム・アックス(展開) × 1
  • ビーム・アックス(収納) × 1
  • ビーム・アックス刃A × 1
  • ビーム・アックス刃B × 2
  • シールド × 1
  • ビーム・ライフル × 1
  • 支柱(前)A/B/C × 各1
  • 支柱(後)A/B × 各1
  • 傾斜ジョイント(前/後) × 各1
  • 補助支柱 × 2
  • クリップ × 2
  • クリップ基部 × 2
  • 台座 × 1

続いて本体にプロペラント・タンクを取り付けて見ていきます。

短めな脚部に対して大きなフロントスカート、腕部も長く独特なスタイルをしています。
左のフロントスカートには、『シャア・アズナブル(キャスバル・レム・ダイクン)』を表すパーソナルマークがプリントされています。
背部バインダーの内側やリアスカートなど、背面からだと多数のスラスターの存在に圧倒されます。
リアスカートにもパーソナルマークがプリントされています。
頭部や胸部が前方に突き出た形状をしているため、より異形な見た目となっています。
フロントの腰部部アーマーの片面には、機体の型式番号がプリントされています。
リアスカートも異様な大きさなので、前後は通常のモビルスーツの何倍もの長さになっています。
重い上半身を支えるため、脚部の付け根や足首はダイキャスト製となっています。
モノアイは頭部カバーを外すことで左右にスイングさせることができます。
頭部は上下の可動範囲は狭いですが、引き上げることで左右には大きく可動させることができます。
胸部には新生ネオ・ジオンのエンブレムやシャアのパーソナルマークがプリントされています。
『胸部バルカン砲』の砲口もしっかり造形されており、胸部を引き上げることで『腹部メガ粒子砲』が露出します。
背部のプロペラント・タンクやスラスターは、付け根がボールジョイントで可動します。
バインダーのジョイントはダイキャスト製となっており、クリック機構で基部の回転やスイングが可能となっています。
ただし上方向にはあまりスイング出来ず、回転させるときはパーツの干渉に要注意です。
腕部などの関節部にはシーリングが施された状態が再現されており、手首の内側には『ビーム・サーベル』の柄を収納することができます。
フロントスカート裏側には『隠し腕』が収納されており、スライドさせることで展開することができます。
隠し腕は各部に可動ポイントがあるので、自由度は高いです。
リアスカート裏のプロペラント・タンクは上下にスイングすることが可能で、ランディングギアも展開することができます。

続いて武装を取り付けていきます。

『大型メガ・ビーム・ライフル』
エネルギーチューブなど、細かく色分けされています。
両面で若干形状が異なっています。
バイポットは展開することが可能です。
『ビーム・サーベル』
刃はクリアパーツとなっており、根元は派手な造形になっています。
『ビーム・トマホーク』
刃を片方のみにすることで、『ビーム・アックス』にもなります。
最大出力時の大型ビーム・サーベルの刃は、大きく迫力のある作りになっています。
『シールド』
中央に新生ネオ・ジオンのエンブレムや、機体の型式番号プリントされています。
裏面には『マイクロミサイル』が装備されています。
腕部との接続ジョイントはレールに繋がれており、スライドさせることで位置を変えることができます。
ジョイントには可動ポイントが複数あります。
また、収納状態の『ビーム・トマホーク』を取り付けることができます。
『ファンネル』
あくまでバインダーにマウントされている状態を再現するもので、全体が造形されているわけではありません。
そのうちファンネルエフェクトセットとか、しっかり再現されたものが商品化しないでしょうか。
巨大な本体に見合う大きな武装を装備するので、より迫力が増します。
腕部にシールドを取り付ける場合は、接続穴を塞いでいるカバーを取り外します。
武装は重さがあるので、立ち姿の場合は接地させたほうが安定します。
大きいので接地していても特に違和感はありません。

続いて『高速移動モード』を見ていきます。

変形の手順は少なく、背部プロペラント・タンクを中央に寄せ、バインダーを後方に折り畳み、脚部を後方に向けてつま先を閉じるだけになります。
『高速移動モード』でディスプレイする場合は、台座は機体が前傾姿勢になるようにジョイントを組み、本体を取り付けます。
個人的にこの『高速移動モード』は疑問なのですが、バインダーを折りたたんでしまうと後方に対しての推進力が干渉して減るのでは?
正面からの空気抵抗を減らすことで、大気圏内では通常より高速で移動することができるということなのでしょうか。

最後にアクションポーズをいくつか。

腕部は可動ポイントが多いので、格闘ポーズも様になります。
シールドは大きいですが、接続ジョイントの自由度が高いので干渉を逃がすことができます。
個体差があるのかもしれませんが、筆者のものはライフルを上に向けようとすると腕が下がってしまうので、付属の補助支柱(+魂STAGEの支柱)を使って支えています。
腕部の付け根には引き出し機構があるので、左手をライフルに添えたポーズもとることができます。
初期のデザインにはなかった腹部のメガ粒子砲が造形されているのは嬉しいですね。
開き手首があるので、ポーズに色々な表情をつけることができます。
隠し腕にもビーム・サーベルを持たせることができるので、4刀流にすることもできます。
最後にフル武装。機体の大きさも相まって圧倒的な迫力ですが、飾る場所には苦労しそうです。

以上、『ROBOT魂 [SIDE MS] ナイチンゲール(重塗装仕様)』のレビューでした!


ナイチンゲールは筆者がガンダムシリーズの好きなモビルスーツの上位に入る機体なので、発売が決まったときは高額でかつ飾る場所の確保もできないのは分かっていましたが、躊躇なく予約しました(笑)

あまり動きをつけづらいデザインにもかかわらず、ここまでアクションポーズをとらせることができ、腹部メガ粒子砲や隠し腕などの細かいギミックも再現されていて、購入して大満足の商品でした!

関連記事:レビュー『METAL ROBOT魂 [SIDE MS] Hi-νガンダム ~ベルトーチカ・チルドレン~』
関連記事:レビュー『METAL ROBOT魂 [SIDE MS] Hi-νガンダム専用ハイパー・メガ・バズーカ・ランチャー』